10月 22
2013

「のぼり旗」の特性

「のぼり旗」のようなクロス(布)メディアが、今も昔も変わらず使いつづけられるのには理由があります。

クロスは軽く、折りたためれば小さくすることもできるので、メディアとして非常に効率性が高いのが特徴です。

使わないときには小さく折りたたんで簡単に保管できます。

また加工も容易で小さなものから大きなものまで、希望に応じて好みのサイズの「のぼり旗」を作ることができます。

また、遠くから、近くから、両方で目立つのも特徴です。

風にはたむことで「のぼり旗」自体に動きが生じ、普通の看板には無い、躍動感も生まれます。

単に情報を伝えるだけの看板に比べると、「のぼり旗」には直接感覚的に見る人に訴えかけてくるような、積極的な告知効果が「のぼり旗」のようなクロスメディアにはあります。

「のぼり旗」なんていうと、メディアとして古臭い気もしますが、逆に大昔から今まで、変わることなく使用され続けているという事実こそ、「のぼり旗」が如何にメディアとして優れているかの証左だと思います。

This entry was posted in 特性. Bookmark the permalink.

Comments are closed.